スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWR SOTF 13th Cavalry Bramble

本日は3AからWF2015冬にて会場限定販売されました13th キャバルリー・ブランブルをご紹介ー
RIMG0081_2015021401592011a.jpg
13thキャバルリー・ブランブルは
爆破されたため作戦に参加する事がなかった、「ザ・シッティー9」の失われし10番目のメンバー
というこれまた何とも男の子な設定持ち。
サイズがWF版は1/12ということで日本の家庭事情を良くリサーチいただけていると思います(何

RIMG0004_201502100147276cb.jpg
今回はブリスターパッケージとなっていますが、結構処理が雑です。
見ての通りブリスターと台紙の接合が割と適当でパッと見開封品に見えたり
写っていませんが左上のブリスターなんか処理されず台紙から飛び出していたりします。
箱から出さずに楽しめるのがブリスターの魅力ですがそもそもの処理が雑だとちょっと残念。

RIMG0007_201502100147270ab.jpg
裏面には今回のイメージビジュアルでもあるアシュレイウッド氏の絵がプリントされていますが
ブリスターの境目ですでに折れ目があります......

まぁ開けて遊ぶ派としては実際気にしなくていいポイントですけどねー
ってことで開封!

RIMG0011_20150214015159e78.jpg
RIMG0013_20150214015200778.jpg
前後
グレー基調な落ち着いたカラーリング
鋳造っぽい表現が質感出していて良いですね。
特に嫌でも目に入るお腹に描かれたドクロマークがより見映えしていてカッコいい。
SOTFに入ってからはあまりきつめの汚しではなくなったようですがこれはこれで良いバランスに思えます。

RIMG0016_20150214015201100.jpg
可動
ドラム缶体型の為可動はお察し
ブランブルタイプは肩が横にほとんど上がらない為雑嚢に干渉して腕が動かしづらいというのも変わらず

RIMG0037_20150214015350671.jpg
その代りと言ってはなんですが相変わらずの変態五指可動も健在です

RIMG0019_2015021401520349e.jpg
つぶらな瞳が可愛いこのギャップ

RIMG0022_20150214015204ccd.jpg
RIMG0028_20150214015346d38.jpg
RIMG0025_201502140153442c0.jpg
RIMG0033_20150214015347ce9.jpg
各部アップ
キャバルリーは右腕に装甲板が追加されているのが特徴的

RIMG0001_2015021401555906d.jpg
RIMG0007_20150214015559796.jpg
ここでうちにいるリンキンパークブランブルとの比較
基本的な造形は右腕の装甲を除いて同じかな?(リンキンの背中はガトリング給弾倉なので装備が違う)
ただこうしてみると汚し度合の違いが一目瞭然ですねー
もうリンキンは元色なんなのかも良くわかりませんw

RIMG0036_201502140153481ce.jpg
装備一式
雑嚢はとっかかりに引っかけているだけなので簡単に取り外し可能
こちらも相変わらずクオリティが高過ぎです
雪山登山用装備としてfigmaに使えそうですらあります。
また今回の武装としてハンドガン2丁が付属しています。

RIMG0049_20150214015604949.jpg
ハンドガンは2丁とも同じ形
シリンダー部が回転します。

RIMG0047_20150214015602455.jpg
何となくホルスターに手をかけることも

RIMG0058_20150214015835d8e.jpg
五指可動のおかげかしっかり保持できます。

RIMG0043_2015021401560168b.jpg

RIMG0061_201502140158361ea.jpg

RIMG0067_20150214015837163.jpg
トゥーハンド
2丁持たせると途端にヒットマンぽくなりますな
ドクロマークがさらにそれらしい

RIMG0071_201502140158398e5.jpg

RIMG0073_20150214015840de9.jpg

RIMG0078_20150214015918413.jpg

RIMG0081_2015021401592011a.jpg
最後はイメージビジュアルっぽくして締め

以上ーキャバルリー・ブランブルでしたー
個人的には久しぶりのWWR、しかも1/12ということでこれは買うしか!て感じでしたが
とても満足できる代物でしたー
今までと違い汚しが少なかったりしていますがこのカラーならむしろこれぐらいの方が雰囲気出てるのではないでしょうか

獲物がハンドガン2丁とちょっと物足りないように感じてしまいますが
装備させればデカい図体に対してのギャップというのもなかなか良いもので
ハンドガン自体質感がとても良く、本体カラーと相まってちょっと高級感すら出しています(錆びていますが)

しいて言えば冒頭にもある通りブリスターよりは箱でお願いしたかったってところだけですかね

シッティー9の残り9人を今後展開してくれるのか怪しいところではありますが
もしやる時は1/12スケールも忘れずに出して頂きたいものですねー




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

なわ

Author:なわ
果てしなきたたかいの果てに......

画像の無断転載転用は禁止です。

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
 
ついったー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。